専攻について

概要

研究者の自由な発想に基づく知的創造活動としての学術研究は、大学の持つ重要な使命です。 古来、人類は学術研究を通じて自然に対する畏敬と洞察から新しい原理や法則を見出して 新しい学問体系を築くとともに、自然観を拡大して文化を育んできました。また、学術研究は 科学技術の発展と結びつき日常生活を向上させ、社会を豊かにしてきました。このような 発展は、研究分野の細分化と深化により実現されたといえます。しかし、その一方で、人間と 自然との共生の時代を向かえ、地球規模の複雑な課題に直面している現在、真の豊かさを 実現するためには、研究の深化とともに、深化した研究を融合させ、新しい知を創造することが 求められています。

知能・機能創成工学専攻は、このような融合研究を推進する役割を担う専攻として、平成9年に 設立されました。応用理工系における機械工学専攻、マテリアル生産科学専攻と連携しながら、 工学研究の未来を開拓する研究を行っています。

当専攻は、応用理工系の各分野に関連する12研究室で構成されており、それぞれの研究室が 機械工学科目ならびにマテリアル生産工学科目の学部教育にも携わっています。また、各学科目の 4年生は、当専攻の研究室にも配属され、卒業研究を熱心に行っています。

機械工学科目の教育を担当している研究室には、創発ロボティクス研究室、マイクロダイナミクス研究室、 共生メディア学研究室、運動知能研究室、非線形離散動力学研究室の5研究室があります。 マテリアル生産工学科目の教育を担当している研究室には、知能アクチュエータ・センサデバイス創成研究室、 機能材料創成研究室,高機能構造材料創成研究室,熱電磁流体解析研究室, 計算材料設計・創成研究室,環境調和エレクトロニクス実装研究室,プリンテッド・エレクトロニクス研究室の 7研究室があり,専攻内で相互に連携しながら世界最先端の研究を進めています.

専攻長挨拶

自動車の自動運転やロボットなど様々な分野で注目を集める「AI(人工知能)」でしが. 初期のAIは,単純なルールベースを採用したものでした.それからWeb上データをはじめ, 現実の世界にある様々なセンサーからのビッグデータを利用して,行動を予想できる AIの手法が登場した.更に2010年代に入り,脳を構成する無数の神経細胞のネットワークを 人工的に構成したニューラルネットワークの活用によって一気に脚光を浴びることになった. これはコンピュータの飛躍的な向上と,最新の脳科学の研究成果を取り入れた「ディープ ラーニング」のブレークスルーによるものである.このように,AI技術は工学分野と医学 分野の融合研究から生まれた革新的技術であり,IoTやビッグデータの活用と並んで 私たちの生活を大きく変えることができるイノベーション技術として期待が寄せられています. このように,工学は我々の生活を支え発展させていくための基盤の学問領域であり, AI技術のように,様々な学問領域との融合により,もの作りだけでなく,新しい 社会を創造していくことが期待されている.専攻では,機械・マテリアル・生産科学の 融合工学講座からなり,3つの専門分野のシナジー効果を発揮して,スタッフ一同研究・ 教育を全力で取り組み,私たちの暮らし,産業,社会を大きく発展できるように 努力してまいります.引き続きご支援・ご鞭撻を宜しくお願い致します.