専攻について

概要

研究者の自由な発想に基づく知的創造活動としての学術研究は、大学の持つ重要な使命です。 古来、人類は学術研究を通じて自然に対する畏敬と洞察から新しい原理や法則を見出して 新しい学問体系を築くとともに、自然観を拡大して文化を育んできました。また、学術研究は 科学技術の発展と結びつき日常生活を向上させ、社会を豊かにしてきました。このような 発展は、研究分野の細分化と深化により実現されたといえます。しかし、その一方で、人間と 自然との共生の時代を向かえ、地球規模の複雑な課題に直面している現在、真の豊かさを 実現するためには、研究の深化とともに、深化した研究を融合させ、新しい知を創造することが 求められています。

知能・機能創成工学専攻は、このような融合研究を推進する役割を担う専攻として、平成9年に 設立されました。応用理工系における機械工学専攻、マテリアル生産科学専攻と連携しながら、 工学研究の未来を開拓する研究を行っています。

当専攻は、応用理工系の各分野に関連する12研究室で構成されており、それぞれの研究室が 機械工学科目ならびにマテリアル生産工学科目の学部教育にも携わっています。また、各学科目の 4年生は、当専攻の研究室にも配属され、卒業研究を熱心に行っています。

機械工学科目の教育を担当している研究室には、創発ロボティクス研究室、マイクロダイナミクス研究室、 共生メディア学研究室、運動知能研究室、非線形離散動力学研究室の5研究室があります。 マテリアル生産工学科目の教育を担当している研究室には、知能アクチュエータ・センサデバイス創成研究室、 機能材料創成研究室,高機能構造材料創成研究室,熱電磁流体解析研究室, 計算材料設計・創成研究室,環境調和エレクトロニクス実装研究室,プリンテッド・エレクトロニクス研究室の 7研究室があり,専攻内で相互に連携しながら世界最先端の研究を進めています.

専攻長挨拶

Industry 4.0とかSociety 5.0とか,新時代の技術革新や能動的な変革が語ら れる昨今,どのような時代になるのかとわくわくする昨今です.思い返せば, 学生のころの技術史の講義で,起こるべくして起こる蒸気機関にかかわる各種 の発明や工作法の進歩,そしてその結果なるべくしてなったジェームス・ワッ トの蒸気機関の発明,そしてそれが産業革命につながるといった一連の流れの, 熱く語られるドラマのような展開に高揚感を覚えたものです.一方で,最近に なって,ヤスパース,ハイデガーあたりの技術論を学ぶ機会があり,折りに触 れいろいろと考えさせられています.特に,「技術的思考が科学の隅々に及ぶ と,自然研究の工業化や医学の技術化をきたす.」,「技術的機構に人間が組 み込まれ,あらゆる人間が情報の統制と支配の下におかれる.」などといった, ヤスパースのいうところの技術の魔性の問題は,なんともいえない説得力でぐ いぐいと語りかけてきます.かなり前のCMに「みんな悩んで大きくなった♪」 というのがありましたが,このような悩みといつの時代にも向き合い,技術革 新の先導とともに,科学と技術の架け橋や問題解決を担っているのが工学のよ いところなんだなと,つくづく思うこのごろです.

さて,本専攻も工学研究科の新たな専攻として出発して以来,約20年が経ちま した.この間,専攻独自のカリキュラムを確立し,機械工学,マテリアル科学, 生産科学と三つの異なる学部卒業生,国内他大学,そして海外からの留学生を 多く受け入れてきました.多彩な研究を推進する環境として,教授,准教授独 立性を保ちながら,分野を超えて学際的な共同研究を行えるように,工学研究 科でははじめての,そして国内でも例を見ない,一専攻一講座(先導的融合工 学講座)の形態をとり,活発な教育・研究活動を行ってきました.

真に社会に開いた専攻として,研究成果の社会への還元,官民への人材送出, そして,社会からも更なる学業・研究にために社会人院生の受け入れなど,本 専攻の4つの柱をすなわち,学際研究,国際連繋,人材育成,産学連携をさら に強化し,今後も躍進していきます.今後ともご支援,ご協力のほどお願い申 し上げます.

中谷彰宏