基盤PP

概要

基盤PP(Pioneering Integrated Engineering Research Program, PIER Program)は,博士前期課程1年生を対象とした本専攻の特色を大きく反映した必修科目である. 専攻創設以来9年間に渡り日本の他大学に先駆けて本格的に取り組んできたプロジェクトベースト・ラーニング(創成工学演習)をさらに発展させ,2006年より基盤PPとして実施している. 企業から先端研究開発テーマの提供を受け,3〜4名の学生より成る各グループに,企業からの講師と本学教員(またはTA)2名を指導者とする少人数教育体制のもと,発想・ 設計・開発・評価の一連のサイクルを体験させる.

この基盤PPは,「賢いものつくり(主に材料と機械の融合領域研究)」を先導する人材育成への足がかりとなるものである. 実社会で問題となる課題を学生と協議しながら与え,解決策やプロトタイプを開発,試作,評価,発表することを通じて知識・能力を開発し,問題設定・解決力・コミュニケーション力・チームワーク力・リーダーシップ力・自己学習能力,そして創造性を育成する.

企業開発テーマの例としては,先端高機能医療材料の開発,先端リニアアクチュエータの開発,プラズマ工場用制振端制御機器の開発,高機能乳児用ベッドの改良,先端ロボット(介護支援ロボット)の開発などがある. 主に大阪および近県で事業所や研究所をもつ電気,鉄鋼,重機器,精密機器,生活関連機器メーカーなど工学研究科と縁の深い10社以上の企業にご協力いただいている. 最新の実用的テーマと少人数教育体制のもと,発想・設計・開発・評価という一連のプロセスを学生は体験し,学習する.

過去9年間の基盤PP参加企業一覧

H26年度(株)国際電気通信基礎技術研究所
光洋サーモシステム(株)
千住金属工業(株)
ダイキン工業(株)
東レエンジニアリング(株)
パナソニック(株)
(株)富士通研究所
三菱電機(株)
H25年度(株)国際電気通信基礎技術研究所
光洋サーモシステム(株)
千住金属工業(株)
ダイキン工業(株)
東レエンジニアリング(株)
パナソニック(株)
(株)富士通研究所
三菱電機(株)
H24年度(株)国際電気通信基礎技術研究所
シチズンホールディングス(株)
千住金属工業(株)
ダイキン工業(株)
大和ハウス工業(株)
東レエンジニアリング(株)
パナソニック(株)
(株)富士通研究所
三菱電機(株)
H23年度(株)国際電気通信基礎技術研究所
シチズンホールディングス(株)
千住金属工業(株)
ダイキン工業(株)
大和ハウス工業(株)
東レエンジニアリング(株)
パナソニック電工解析センター(株)
(株)富士通研究所
三菱電機(株)
H22年度(株)イーガー
(株)国際電気通信基礎技術研究所
カーネギーメロン大学
シチズンホールディングス(株)
千住金属工業(株)
ダイキン工業(株)
大和ハウス工業(株)
東レエンジニアリング(株)
パナソニック電工解析センター(株)
(株)富士通研究所
三菱電機(株)
H21年度アイパックス
(株)イーガー
オムロン(株)
シチズンホールディングス(株)
千住金属工業(株)
ダイキン工業(株)
東レエンジニアリング(株)
パナソニック電工解析センター(株)
(株)フジキン
(株)富士通研究所
(株)国際電気通信基礎技術研究所
H20年度東レエンジニアリング(株)
(株)イーガー
内橋エステック(株)
オムロン(株)
京セラSLCテクノロジー
シチズンホールディングス(株)
千住金属工業(株)
ダイキン工業(株)
(株)フジキン
(株)富士通研究所
松下電工(株)
H19年度東レエンジニアリング(株)
アップリカ葛西(株)
(株)イーガー
内橋エステック(株)
シャープ(株)
千住金属工業(株)
(株)ダイキン環境・空調技術研究所
(株)十川ゴム
(株)富士通研究所
松下電工(株)
H18年度シャープ(株)
内橋エステック(株)
シチズン時計(株)
アップリカ葛西(株)
千住金属工業(株)
(株)ダイキン環境・空調技術研究所
(株)ダイヘン
(株)十川ゴム
東レエンジニアリング(株)
(株)富士通研究所
松下電工(株)
三菱重工業(株)