研究室

当専攻は,単一の先導的融合工学講座に属する10の研究室から成ります. 2つの協力研究室の協力体制のもと、大学院生を受入れて、教育・研究活動を推進しています.

先導的融合工学講座 創発ロボティクス研究室
ヒトと同等と思える知性を備えた人工物の設計論として,ヒトの認知発達過程の深い融合と統合的理解を目指す,ヒューマノイド・サイエンスを推進する.
PI:浅田稔教授
マイクロダイナミクス研究室
固体力学・材料力学・生体力学・応用数学を基礎として理論・計算・実験によってミクロな形態と機能や特性との関わりを解明し,新しい機械・材料システムの設計原理の構築を目指す.
PI:中谷彰宏教授
知能アクチュエータ・センサデバイス創成研究室
メカトロニクス機器の革新へ向けて,新しい電磁アクチュエータ・センサデバイス・制御システムの研究を進めている.有限要素法・粒子法による最先端の数値解析法の研究も行っている.
PI:平田勝弘教授
機能材料創成研究室
ナノからミクロサイズの材料組織学と材料設計手法を駆使し,新しい機能性をもつ材料の創成を目指す.
PI:南埜宜俊教授
運動知能研究室
知能の根幹は運動制御にある.速さ・強さ・正確さといった指標で測れない人間の運動の数学的議論・解析と,人型ロボットの開発・制御の双方向から,人間の知能に迫る.
PI:杉原知道准教授
非線形離散動力学研究室
機械・材料の構造や力学にひそむダイナミクスを非線形動力学に基づいた数値シミュレーションや理論解析により明らかにし、新しい側面からの理解を目指す。
PI:土井祐介准教授
共生メディア学研究室
バーチャルリアリティ技術や心理学実験に基づいて,人間の存在感を遠隔地に送ることのできるアバタやロボットのデザインの解明を目指す.
PI:中西英之准教授
高機能構造材料創成研究室
軽量・高強度・高耐熱・高耐食・生体適合性といった複数の機能を同時に高度に併せ持つ,先進的・multi-functionalな構造材料の創製を目指す.
PI:萩原幸司准教授
熱・電磁流体解析研究室
外部環境(熱・電磁場)と相互作用する流体の挙動解析を通じて新たなデバイスおよび生産プロセスの開発設計を行う.
PI:宮坂史和准教授
計算材料設計・創成研究室
計算機シミュレーションを利用した既存の材料物性発現機構への理解と,既存の理論に囚われない材料設計法の構築を通じて,新規材料の創成と機能設計を試みる.
PI:吉矢真人准教授
協力研究室 環境調和エレクトロニクス実装研究室(産業科学研究所)
新聞や書籍を印刷するように電子デバイスを製造するため,金属インク,フレキシブル基板,ならびに実装技術の開発を進めている.
PI:菅沼克昭教授
プリンテッド・エレクトロニクス研究室(産業科学研究所)
軽くて・持ち運べるデバイスを実現するため、紙やプラスチックの上にデバイスを製造する技術を開発する。
PI:能木雅也准教授

さらに、以下の5つの協力研究室とも有機的に連携して教育活動・共同研究活動を実施しています。

協力研究室 知能ロボット学研究室(基礎工学研究科)
人間型ロボットと人間,さらには人間社会との関係を,工学と科学双方の立場から探求し,ロボットによる人間関係理解と利用,人間社会におけるロボットのタスクについて研究する.
PI:石黒浩教授
適応ロボット学学研究室(基礎工学研究科)
システムが知能的な行動を表出するための身体(材料と構造)と制御則の設計論,ならびに環境との相互作用について,ロボットの設計・製作・実験を通して研究する.
PI:細田耕教授
科学哲学研究室(人間科学研究科)
科学哲学,言語哲学,社会存在論,時間の哲学,心の哲学についての研究を行うとともに,テクノロジーと人間の共進化について多面的角度から研究する.
PI:中山康雄教授
感覚機能形成学教室(医学系研究科)
視機能の改善に関する臨床的,基礎的研究を医工連携の立場から行う.
PI:不二門尚教授
ダイナミックブレインネットワーク研究室(生命機能研究科)
脳が発揮する機能から出発して,その機能に関係する脳のネットワークとその動作原理を解明する研究を行う.
PI:北澤茂教授