OphcrackでWindowsのログインパスワード解析

工学系記事

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Windows 7の唯一の管理者アカウントのログインパスワードが分からない状況になり、Windowsを再インストールするか…というところで調べてみると解析ツールがあったので使ってみた。

解析ツールは Ophcrack(http://ophcrack.sourceforge.net/download.php)。
今回はWindows 7の解析なので、Vista/7用のLive CDバージョンである ophcrack-vista-livecd-3.6.0.iso(http://ophcrack.sourceforge.net/download.php)を選択し、ダウンロードしておく。

このisoイメージを外部デバイスに展開しておいて、PCの再起動時にその外部デバイスでブートするようにするとOphcrackが実行される。
今回は外部デバイスとしてUSBメモリを使用したかったので、UNetbootinというライティングツールを使用した。
UNetbootinをダウンロード後実行して、ディストリビューションの選択欄で「Slitaz」を選択し、ディスクイメージのところでは先ほどダウンロードしたOphcrackのisoファイルを選ぶ。最下段のところでは、外部デバイスとして用いるUSBメモリを選択して、実行する。

展開が終了したら、パスワードの分からないPCにこのUSBメモリを差し込み、再起動する。Ophcrackの実行画面に映らず、そのままWindowsが立ち上がるようなら、再起動時にBIOS画面に映り(F2を連打)、外部デバイスからのブートをEnableにした上で、ブートデバイスの優先順位を設定するところでUSBメモリ(なければ外部デバイスとか)の最優先にしておく。

そして、再起動…すればOphcrackが実行されるはずが、それでもWindowsが立ち上がってしまった。おかしいので調べてみると、対象のPCであるVaioは上記のBIOS設定の変更の上で、F11キーを押しながらでないと外部デバイスからブートされないようだった。というわけでF11キーを押しながら再起動をかけると、無事Ophcrackの実行画面に映り、数分後には無事にパスワードの解析結果が表示された。

そのパスワードで無事にログインできた。

ピックアップ記事

関連記事