Matlab

研究の技術や工学系Tisp,その他研究上必要になった情報のメモを載せています.

工学系記事

[Matlab]Excelを読み込んでグラフプロット

mファイルと同じディレクトリにsample.xlsxがあり,そのSheet1の一部に読み込みたいデータがある場合,以下のように書けばよい. clear; %初期化 row_start=1; %読み込む行の先頭行 row_end=6; %読み込む行の最終行 column_start=1; %読み込む列の先頭列 column_end=2; %読み込む列の最終列 A=zeros(row_end-row_start+1,column_end-column_start+1);%メモリ事前割当 [data]=xlsread(‘sample.xlsx’,’Sheet1′); %data配列に指定ファイルの指定シートのデータを取り込む for i=column_start:column_end A(:,i)=data(row_start:row_end,i); %読み込みデータから所望のセル範囲を切り出す end plot(A(:,1),A(:,2),’k’); %黒の実線でラインプロット

工学系記事

[Matlab] 基本的なコマンドメモ

変数の消去:clear 変数名 Mファイルの消去:delete ファイル名 行列A内の1列目を指定:A(:,1) 行列Aの1列目の長さを取得:length(A(:,1)) 配列Aを一次元縦ベクトルに変換:A(:) 文字としてシングルクォーテーションを入力:” 変数Aを表示:disp(A) 文字と変数を混在させて表示:disp([‘Aの値は’,num2str(A),’です’]) x に対する線形方程式 xA = B の求解:x=B/A もしくはx = mrdivide(B,A) ※Aが正方行列でない場合最小二乗法で計算される x に対する線形方程式 Ax = B の求解:x=A\B もしくはx = mldivide(A,B) ※Aが正方行列でない場合最小二乗法で計算される 座標(x1,y1)から(x2,y2)、また(x2,y2)から(x3,y3)まで直線を引く:plot([x1,x2],[y1,y2],[x2,x3],[y2,y3]) もしくは plot([x1,x2;x2,x3],[y1,y2;y2,y3]) もしくはplot([x1,x2,x3],[y1,y2,y3])もしくはA=[x1,x2,x3;y1,y2,3];plot(A(1,:),A(2,:)) 上記で引いた直線のx座標に1を足した直線を引く場合:A=[x1,x2,x3;y1,y2,3];plot(A(1,:)+1,A(2,:)) グラフ関連 軸を消す:axis off 軸の長さを統一する:axis square 軸のスケールを揃える:axis equal 軸をデータの最大最小に合わせる:axis tight