触れ合い易いアンドロイド技術で情報社会の快適性向上に貢献します

アンドロイドロボットは、全身を覆うソフトマテリアルを介して人と情報システムとを繋ぐ生物的インターフェースです。多様な変形を許容できるというその特徴を効果的に活用することができれば、人工知能システムとのコミュニケーションのあり方をより高いレベルに引き上げることができると考えられます。しかし、柔らかい顔の変形をうまく操る方法や、多機能で柔軟な人工皮膚をうまく造りあげる方法が確立されていないため、潜在的な性能を引き出せていない状況です。システムズ・アンドロイドロボティクスは、この課題への挑戦です。「人と触れ合って反応を引き出し,情報を収集して分析する」性能を高める要素技術や性能評価法の研究を進め、アンドロイド以外への実装も含めて、快適な情報社会の発展に貢献します