Smooth-onシリコーンゴム素材の特徴比較

Smooth-Onで販売されているシリコーンゴム素材の特性の比較をまとめています.

いずれ一覧表にします.

  • Ecoflexシリーズ
    • 概要
      • 室温硬化する付加タイプシリコーン.硬化後のベタツキがなく,さらさらした表面になる.DragonSkinと比較して低粘度であるため流し込み成形に向いている.比重1.07(ただし00-10のみ1.04).硬化時間はDragonSkinより長い.引っ張ったときにふにゃっとした感覚で簡単に伸びる.
    • 00-50
      • 粘度8000CPS,23°中作業可能時間18分,標準硬化時間3時間 100%弾性率12psi 切断時伸び980%
    • 00-30
      • 3000,45,4,10,900
    • 00-20
      • 3000,30,4,8,900
    • 00-10
      • 14000,30,4,8,800
  • DragonSkinシリーズ
    • 概要
      • 室温硬化する付加タイプのシリコーン.硬化後,ベタツキは少ないが摩擦は大きい.Ecoflexと比べて粘度が高いため,塗り成形に向いている.硬化も早い.引っ張った際にはゴムのような感覚で伸びる.
    • Fx Pro
      • 18000,12,40分,37.8,1000%

ピックアップ記事

関連記事