Smooth-onシリコーンゴム素材の特徴比較

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Smooth-Onで販売されているシリコーンゴム素材の特性の比較をまとめています.

いずれ一覧表にします.

  • Ecoflexシリーズ
    • 概要
      • 室温硬化する付加タイプシリコーン.硬化後のベタツキがなく,さらさらした表面になる.DragonSkinと比較して低粘度であるため流し込み成形に向いている.比重1.07(ただし00-10のみ1.04).硬化時間はDragonSkinより長い.引っ張ったときにふにゃっとした感覚で簡単に伸びる.
    • 00-50
      • 粘度8000CPS,23°中作業可能時間18分,標準硬化時間3時間 100%弾性率12psi 切断時伸び980%
    • 00-30
      • 3000,45,4,10,900
    • 00-20
      • 3000,30,4,8,900
    • 00-10
      • 14000,30,4,8,800
  • DragonSkinシリーズ
    • 概要
      • 室温硬化する付加タイプのシリコーン.硬化後,ベタツキは少ないが摩擦は大きい.Ecoflexと比べて粘度が高いため,塗り成形に向いている.硬化も早い.引っ張った際にはゴムのような感覚で伸びる.
    • Fx Pro
      • 18000,12,40分,37.8,1000%

ピックアップ記事

関連記事