ニュース

ニュース

[採録]Sensors誌(IF=2.677)に論文が採録

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 博士後期課程の川節拓実君と実施した研究成果がSensors誌に掲載されました.磁気センサと永久磁石を配置した基板上に鉄粉配合エラストマシートを敷いた構造の触覚センサにおける空間応答を評価し,エラストマの変形特性の影響でメキシカンハット状の空間応答が得られることを明らかにしました. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisashi Ishihara, and Minoru Asada. Mexican-Hat-Like Response in a Flexible Tactile Sensor Using a Magnetorheological Elastomer. Sensors, 18, 587.

ニュース

[招待講演]徳島県立脇町高等学校で講演しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 徳島県立脇町高等学校で90分の講演を行いました.移り変わっていく理想と現実の間のギャップを埋め続けていくために,文系・理系や学業・遊びの区別なく幅広い知識や技術の習得が重要であることを,自身の経験を交えて紹介しました.399名の学生さんに熱心に聴いていただきました。高校のWebサイトで記事にあげていただきました.講演で使用したスライド資料は下のものです. 子供型アンドロイドロボットの理想と現実のギャップ-脇町高校Sw-ingセミナー-20171117 from Hisashi Ishihara

ニュース

[採録]Bioinspiration&Biomimetics誌(IF=2.939)に論文掲載

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 人の顔の多様の動きに共通する皮膚各点の動きの主方向とその寄与率を明らかにした論文です.16種類の顔の変形を2次元の流れベクトル場として計測し,それらを重畳させたベクトル群に対して主成分分析をかけました.より効率的なアンドロイドロボットの顔の設計指針となる可能性があります. Hisashi Ishihara, Nobuyuki Ota, and Minoru Asada. Derivation of simple rules for complex flow vector fields on the lower part of the human face for robot face design. Bioinspiration&Biomimetics. Sep. 26, 2017. (2016 Impact Factor 2.939)

ニュース

[招待講演]このロボ2017で講演しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 2017年9月12日に開催された,日本ロボット学会オープンフォーラム「このロボットがすごい!2017」で,これまでの研究の取り組みを「子供アンドロイドロボットが育つ日を現実に」というタイトルで紹介しました.まとめ記事を作っていただきました.

ニュース

[採録]国際会議HAI及びSensorsに採録決定

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 修士学生の山下裕基君との研究が国際会議Human-Agent Interactionにアクセプトされました. Yuki Yamashita, Hisashi Ishihara, Takashi Ikeda, and Minoru Asada. Appearance of a robot influences causal relationship between its touch sensation and personality impressions. International Conference of Human-Agent Interaction. CITEC Bielefeld (Germany), Poster. Oct. 19, 2017. また,博士学生の川節拓実君との研究が国際会議Sensorsにアクセプトされました. Takumi Kawasetsu, Takato Horii,...

ニュース

[報道]触覚センサが化学工業日報で紹介

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 磁性エラストマを利用した柔軟触覚センサの紹介記事が,化学工業日報2017年8月21日版に掲載されました.センサの紹介はここ.

ニュース

[採択]研究提案がJSTさきがけに採択

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 日本学術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業さきがけの平成28年度第2期新規研究課題に研究提案が採択されました.さきがけは,「国が定める戦略目標の達成に向けて、独創的・挑戦的かつ国際的に高水準の発展が見込まれる先駆的な目的基礎研究 ※JSTサイトより」に対する研究支援事業です.112件の応募があり,その中から11件の提案が採択されました. 採択された研究提案は,「触れ合いデータを収集する子供アンドロイド高機能化」についてのものであり,これまで要素技術の開発を進めてきた子供アンドロイドロボットを,「人についてのデータを構造化された状態で顕在化させて収集する」という観点で性能を評価し,要素技術開発へのフィードバックを得るとともに,人とは異質な存在であるロボットとの触れ合いで交わされる情報の質を高め,効果的に人の情報を収集可能な端末装置としての将来のコミュニケーションロボットの利活用に繋げていこうとするものです. 黒橋禎夫教授が統括する「新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出」の研究領域において,他の採択者達とバーチャルな研究グループを形成し,研究を推進していきます.

ニュース

[受賞]国際会議Social Roboticsで受賞しました

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 2016年11月1-3日にアメリカカンザスシティで開催されたInternational Conference on Social Roboticsにおいて実施されたRobot Design Competitionで,研究開発中のロボットAffettoがBest Robot Design Award (as 3rd place)を受賞しました.このDesign Competitionは,革新的なソーシャルロボットのデザインを競うものであり,応募総数は22件でした.