学会発表

研究業績

査読付き及び査読なしの学会発表のリストです.

査読付き会議

  1. Hisashi Ishihara, Yuichiro Yoshikawa, Katsushi Miura, and Minoru Asada. Caregiver’s Sensorimotor Magnets Lead Infant’s Vowel Acquisition through Auto Mirroring. Proceedings of the IEEE 7th Int’l Conf. on Development and Learning, Vol.CD-ROM, 2008.
  2. Hisashi Ishihara, Yuichiro Yoshikawa, and Minoru Asada. Caregiver’s Auto-mirroring and Infant’s articulatory Development Enable Sharing Vowels. Proceedings of the Ninth Int’l Conf. on Epigenetic Robotics, 2009.
  3. 石原尚,若狭みゆき,吉川雄一郎,浅田稔.乳児母音発達における親の期待の持つ誘導的効果: 発達シミュレーション及び音声模倣実験による検討.日本認知科学会第27回大会抄録集O3-3,2010.大会発表賞受賞
  4. Hisashi Ishihara, Yuichiro Yoshikawa, and Minoru Asada. Realistic Child Robot “Affetto” for Understanding the Caregiver-Child Attachment Relationship that Guides the Child development. In Proceedings of the First Joint IEEE Int’l Conf. Development and Learning and on Epigenetic Robotics, Vol. 2, pp. 1-5. Aug. 24, 2011.
  5. Minoru Asada, Yukie Nagai, and Hisashi Ishihara. Why Not Artificial Sympathy? Social Robotics in Lecture Notes in Computer Science, Vol. 7621. pp. 278-287, October 2012.
  6. Hisashi Ishihara and Minoru Asada. To be treated as if a real child: Creation of Affetto, a child robot that gives us realistic impressions. 国際高等研カンファレンス2012, ポスターセッション, 2012年12月4日.
  7. Hisashi Ishihara and Minoru Asada. “Affetto”: towards a design of robots who can physically interact with people, which biases the perception of affinity (beyond “uncanny”). IEEE Int’l Conf. on Robotics and Automation, Workshop, May 2013.
  8. Nobutsuna Endo, Tomohiro Kojima, Yuki Sasamoto, Hisashi Ishihara, Takato Horii, Minoru Asada. Design of an articulation mechanism for an infant-like vocal robot “Lingua”. Lecture Notes in Computer Science, pp. 389-391. Vol. 8608. July 30, 2014.
  9. Ryuji Nakamura, Kouki Miyazawa, Hisashi Ishihara, Ken’ya Nishikawa, Hideaki Kikuchi, Minoru Asada, and Reiko Mazuka. Constructing the Corpus of Infant-Directed Speech and Infant-Like Robot-Directed Speech. in Proc. of the third international conference on Human-Agent Interaction (HAI 2015). pp. 167-169. Daegu, South Korea, October 21-24, 2015.
  10. Hisashi Ishihara. Compliant and compact joint mechanism for a child android robot. The 11th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, Christchurch (New Zealand), March 7-10 2016.
  11. Nobuyuki Ota, Hisashi Ishihara, Minoru Asada. Principal Component Analysis of Two-dimensional Flow Vector Fields on Human Facial Skin for Efficient Robot Face Design. Biomimetic and Biohybrid Systems in Lecture Notes in Computer Science, Vol. 9793, pp. 203-213, Edinburgh (Scotland), July 18-22, 2016. 2nd place Best Poster Award
  12. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisashi Ishihara, Minoru Asada. Towards rich physical human-robot interaction: A novel magnetic-type flexible tactile sensor that detects its surface deformation. ICRA 2016 WS “human-robot interfaces for enhanced physical interactions”. Stockholm (Sweden), May 16, 2016.
  13. Yuki Yamashita, Hisashi Ishihara, Takashi Ikeda, Minoru Asada. Path Analysis for the Halo Effect of Touch Sensations of Robots on Their Personality Impressions, in Proc. of International Conference on Social Robotics (ICSR). Kansas City (USA), Nov 2, 2016.
  14. Hisashi Ishihara. Child Android Robot “Affetto”. Robot Design Competition in International Conference on Social Robotics. Kansas City (USA), Nov 2, 2016. 3rd place Best Robot Design Award
  15. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisashi Ishihara, and Minoru Asada. Difference of Gaussian like feature enhances object classification accuracy in magnetorheological elastomer-gel tactile sensor. Humanoids Workshop on Tactile sensing for manipulation: new progress and challenges. Bielefeld University (Germany), Nov 15, 2016.
  16. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisashi Ishihara, and Minoru Asada. Magnetorheological elastomer-gel tactile sensor with an electromagnet. ICRA WS “The Robotic Sense of Touch”. Sands Expo and Convention Centre (Singapore), May 29, 2017.
  17. Yuki Yamashita, Hisashi Ishihara, Takashi Ikeda, and Minoru Asada. Appearance of a robot influences causal relationship between its touch sensation and personality impressions. International Conference of Human-Agent Interaction. CITEC Bielefeld (Germany), Poster. Oct. 19, 2017.
  18. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisashi Ishihara, and Minoru Asada. Towards rich representation learning in a tactile domain: a flexible tactile sensor providing a vision-like feature based on the dual inductor. HAI 2017 workshop, Oct. 17. 2017.
  19. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisashi Ishihara, and Minoru Asada. Size dependency in spatial response property of elastomeric tactile sensor laminated on inductor coil. IEEE Sensors Conference. Grasgow (UK), Poster. Oct. 30, 2017.
  20. Jeffrey Frederic Queisser, Hisashi Ishihara, Barbara Hammer, Jochen J. Steil, and Minoru Asada. Skill Memories for Parameterized Dynamic Action Primitives on the Pneumatically Driven Humanoid Robot Child Affetto. 8th Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics. Tokyo, Sep. 18, 2018.
  21. Alexander Schulz, Jeffrey Frederic Queisser, Hisashi Ishihara, Minoru Asada. Transfer Learning of Complex Motor Skills on the Humanoid Robot Affetto. 8th Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics. 2018.
  22. Kohei Fukuda, Takumi Kawasetsu, Hisashi Ishihara, Takato Horii, Ryoichi Nakamura, Hiroshi Kawahira, Minoru Asada. Measurement of Three-Dimensional Force Applied to Elastic Suture Training Pads for Laparoscopic Suturing. 41st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society (EMBC). Germany, 27 Jun. 2019.
  23. Hideyuki Takahashi, Midori Ban, Naoko Omi, Ryuta Ueda, Sanae Kagawa, Hisashi Ishihara, Yutaka Nakamura, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro. Can we recognize atmosphere as an agent? -pilot study-.  International Conference on Human-computer Interaction, Frorida (USA), Jul. 2019.
  24. Midori Ban, Hideyuki Takahashi, Naoko Omi, Ryuta Ueda, Sanae Kagawa, Hisashi Ishihara, Yutaka Nakamura, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro. Generation of atmosphere with haptic impressions by using surrounding visual stimuli. International Conference on Human-computer Interaction, Frorida (USA), Jul. 2019.

査読なし口頭発表

    1. 石原尚, 吉川雄一郎, 三浦勝司, 浅田稔. 相互模倣を通じた相手との声域の対応付けと母音獲得. 情報処理学会関西支部 支部大会講演論文集, pp.79-82, 2007.
    2. 石原尚, 吉川雄一郎, 三浦勝司, 浅田稔. 母子間相互模倣におけるマグネット効果が導く乳児の母音獲得. 日本赤ちゃん学会第7回学術集会, ポスターセッション, 2007.
    3. Hisashi Ishihara, Yuichiro Yoshikawa, Katsushi Miura and Minoru Asada. A Computational Modelling of Unconscious Guidance in Mutual Imitation: Simulation of Mother-Infant Vowel Interaction with Homogeneous Imitation Mechanism. Interdisciplinary College IK-2008 Poster Session, March 2008.
    4. 石原尚, 吉川雄一郎, 三浦勝司, 浅田稔. A Computational Modeling of Unconscious Guidance in Mutual Imitation. 日本赤ちゃん学会第8回学術集会, ポスターセッション, 2008.
    5. 石原尚, 吉川雄一郎, 浅田稔. 養育者の自己模倣と乳児の構音発達が可能にする母音共有. 身体性認知科学と実世界応用に関する若手研究専門委員会(ECSRA) 第5回ワークショップ, ポスターセッション,Vol. CD-ROM, 2009.
    6. 石原尚, 吉川雄一郎, 浅田稔. 養育者の自己鏡映と乳児の構音発達が可能にする母音共有. 日本ロボット学会専門委員会ECSRA・HUROBINT合同研究会,ポスターセッション,Vol. CD-ROM, 2009.
    7. Hisashi Ishihara. Social development by being expected to become social. Blown Bag Lectures, University of Zurich, Al lab, 2010.
    8. 石原尚, 若狭みゆき, 吉川雄一郎, 浅田稔. 親の自己鏡映的認知が子の母音発達に及ぼす効果. 大阪大学学際融合教育シンポジウム, ポスターセッション, 2010.
    9. 若狭みゆき,石原尚,吉川雄一郎,浅田稔.期待により親の模倣は歪む: 自己鏡映バイアスを検証する相互模倣発話実験.日本赤ちゃん学会 第10回学術集会, ポスターセッション, 2010.
    10. 石原尚,吉川雄一郎,浅田稔.愛着形成を通じた発達研究のための写実的な子供型表情表出ロボットAffettoの開発.日本ロボット学会第28回講演概要集,p. 30, 2010.
    11. 石原尚,吉川雄一郎,浅田稔.子供らしい見かけと表情表出機能を持つ発達研究プラットフォームロボットAffettoの開発.大学院高度副プログラム見本市, ポスターセッション,2010.
    12. 石原尚.人らしく解釈されることで人になる仕組みはあるか?-構成論的アプローチによる誘導的発達メカニズムの検証-.身体性認知科学と実世界応用に関する若手研究専門委員会(ECSRA) 第8回ワークショップ,vol. CD-ROM, 2010.
    13. 石原尚,吉川雄一郎,浅田稔.社会性発達研究のための子供らしい外見を有する表情表出ロボットの開発. GCOE認知脳理解に基づく未来工学創成若手ワークショップ, ポスターセッション, 2010.
    14. 石原尚. 構成論的手法による親の期待の持つ発達誘導効果の検証. 日本赤ちゃん学会第11回学術集会自主ラウンドテーブル. 2011年5月7日.
    15. 石原尚, 浅田稔. 子供酷似型ロボットAffettoの小型で柔軟な上半身機構. 第29回日本ロボット学会学術講演会予稿集, p. 1A3-8, 2011年9月7日.
    16. 石原尚, 浅田稔. 写実的な子供酷似型ロボットを用いた愛着関係と心的発達研究に向けた将来展望. 平成23年度情報処理学会関西支部 支部大会. D-02. 2011年9月22日. 学生奨励賞受賞
    17. Hisashi Ishihara and Minoru Asada. Affetto: pneumatic child robot that has realistic appearance. 大阪大学グローバルCOE「認知脳理解に基づく未来工学創成」 Bielefeld-Osaka Workshop, ポスターセッション. 2012年3月19日.
    18. 石原尚, 浅田稔. 20ヶ月児サイズの子供酷似型ロボット「Affetto」の柔らかく駆動する上半身の開発. 日本赤ちゃん学会第12回学術集会, ポスターセッション, 2012年6月2日.
    19. 石原尚, 若狭みゆき, 浅田稔. 子の階層的情動制御機構の発達に伴う養育者への愛着行動変容メカニズムの計算モデル. 日本赤ちゃん学会第12回学術集会, ポスターセッション, 2012年6月2日.
    20. 石原尚. 人とAffettoの密接でリアルな接触コミュニケーションのための上半身の設計. 身体性認知科学と実世界応用に関する若手研究専門委員会(ECSRA) 第10回ワークショップ,vol. CD-ROM, 2012年8月7日.
    21. 石原尚, 笹本勇輝, 遠藤信綱, 成岡健一, 細田耕, 浅田稔. 「神経ダイナミクスから社会的相互作用に至る過程の理解と構築による構成的発達科学」のためのロボットプラットフォームの開発. 第31回日本ロボット学会学術講演会, p. 1P3-07. 首都大学東京, 2013年9月4日.
    22. 石原尚, 若狭みゆき, 浅田稔. 情動制御を目的とした乳児愛着行動変遷の計算機シミュレーション. 2013年度日本赤ちゃん学会若手部会第1回研究合宿,ポスターセッション. 東京. 2013年9月15日.
    23. 石原尚, 遠藤信綱, 成岡健一, 細田耕, 浅田稔. 脳シミュレーションと現実の相互作用を結びつけるロボットプラットフォーム開発. 第二回日本発達神経科学学会, 東京, 2013年9月22日.
    24. 豊山翔平, 石原尚, 浅田稔. エアシリンダを用いた幼児型ロボットの脚部開発. ロボット・メカトロニクス講演会2014. p. 3A1-C05. 富山, 2014年5月28日.
    25. 小島友裕, 遠藤信綱, 笹本勇輝, 石原尚, 堀井隆斗, 浅田稔. 音声発達過程の構成的理解のための乳児様ロボットプラットフォームの開発. ロボット・メカトロニクス講演会2014. p. 2A1-X06. 富山, 2014年5月28日.
    26. 豊山翔平, 石原尚, 浅田稔. 子供酷似型ロボット”Affetto”のための脚部機構開発. 身体性認知科学と実世界応用に関する若手研究専門委員会第12回ワークショップ, 仙台, 2014年8月9日.
    27. 小島友裕, 遠藤信綱, 石原尚, 堀井隆斗, 浅田稔. 乳児様声帯における硬さによる発声特性変化の評価. 第32回日本ロボット学会学術講演会, 九州産業大学. 2014年9月4日.
    28. Hisashi Ishihara. Design and Development of a Child Android with high flexibility, durability, and expressiveness. International Symposium at Frontier Research Base for Global Young Researchers. 大阪大学銀杏会館. 2014年11月5日.
    29. Nobutsuna Endo, Tomohiro Kojima, Yuki Sasamoto, Hisashi Ishihara, Takato Horii, and Minoru Asada. Design and Preliminary Experiments of an Articulation Mechanism for an Infant-like Vocal Robot “Lingua” towards natural conversation with people@home. 第40回人工知能学会AIチャレンジ研究会(SIG-Challenge)予稿集, Vol.DVD-ROM, pp.15–19, 2014.11.28.
    30. Hisashi Ishihara. Child-inspired robot design for intuitive and close physical human-robot interaction. International Workshop on Cognitive Neuroscience Robotics. 大阪大学CiNet. 2014年12月8日.
    31. 横尾亮輔, 石原尚, 浅田稔. 広い可動域を有する空気圧駆動小型ヒューマノイドの5自由度肩機構の開発. ロボット・メカトロニクス講演会2015. p. 1P2-C06. 京都. 2015.5.18.
    32. 太田信行, 石原尚, 浅田稔. 顔ロボット開発に向けた口唇部周辺の複雑で広範な皮膚の流れ場のクラスタ分析. ロボット・メカトロニクス講演会2015. p. 1A1-S07. 京都. 2015.5.18.
    33. 川節 拓実, 堀井 隆斗, 石原 尚, 浅田 稔. 磁性・非磁性エラストマを積層した磁気式触覚センサの基礎特性解析. 第24回MAGDAコンファレンス, 1-5-3. 仙台. 2015.11.13. 優秀ポスター講演論文賞受賞
    34. Hisashi Ishihara. Designing and fabricating a bio-inspired child-type soft humanoid robot, International Symposium at Frontier Research Base for Global Young Researchers, Osaka, Nov. 24, 2015.
    35. 川節 拓実, 堀井 隆斗, 石原 尚, 浅田 稔. 磁性エラストマを用いた磁気式触覚センサの特性評価. 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会. 2L3-5. 名古屋. Dec. 15, 2015.
    36. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisahi Ishihara, and Minoru Asada. Toward humanlike tactile sensation: magnetic type tactile sensor with dual-layer elastomer. The 2nd International Workshop on Cognitive Neuroscience Robotics. 大阪. 2016年2月21日.
    37. Takumi Kawasetsu, Takato Horii, Hisahi Ishihara, and Minoru Asada. A magnetic type tactile sensor that detects deformation of its surface made of dual layer elastomer. CITEC Workshop “From Robotics to Cognitive Interaction and Beyond”. Bielefeld University (Germany). Mar. 22, 2016.
    38. 川節 拓実, 堀井 隆斗, 石原 尚, 浅田 稔. 磁性・非磁性エラストマを用いた磁気式触覚センサの磁場解析.The Robotics and Mechatronics Conference 2016. 1P1-19a4, パシフィコ横浜.Jun 9, 2016.
    39. 川節拓実, 堀井隆斗, 石原尚, 浅田稔. Difference of Gaussian 様空間応答を示す磁気式柔軟触覚センサ. 第34回日本ロボット学会学術講演会講演論文集. 山形大学, Sep. 7, 2016.
    40. 石原 尚.子供アンドロイドロボットへの皮膚実装に向けた取り組み.日本赤ちゃん学会若手部会第4回研究合宿,ポスターセッション. 滋賀. 2016年9月10日.
    41. Hisashi Ishihara. Analysis and functionalization of soft materials toward rich interaction between humans and robots. International Symposium at Frontier Research Base for Global Young Researchers, Osaka, Nov. 15, 2016.
    42. Hisashi Ishihara. Building a Child Android Robot. Final Symposium on “Cognitive Developmental Science Based on Understanding the Process from Neuro-Dynamics to Social Interaction”. Senri Life Science Center (Osaka), Dec. 13, 2016.
    43. Hisashi Ishihara. Analyses of human behaviors and impressions related to Android engineering. Workshop on Cognitive Neuroscience Robotics in Social Interaction. Senri Life Science Center (Osaka), Dec. 13, 2016.
    44. 山下裕基, 石原尚, 池田尊司, 浅田稔. 被覆接触によるロボットの性格印象変化における外観の影響. 第 171回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会. 大濱信泉記念館(沖縄・石垣島). Jan. 23. 2017.
    45. 石原尚. 柔らかくつながる 子供アンドロイドロボット. 大阪大学 知の共創プログラム 「身体性と生命性,そして社会性をつなぐ学際的研究会」 . ホテル日航八重山(沖縄). Jan. 25, 2017.
    46. 石原尚. 子供アンドロイドAffettoの皮膚の感知機能と触感印象. 日本赤ちゃん学会若手部会研究合宿.ラフォーレ修善寺(静岡). Sep. 9, 2017.
    47. 川節拓実,堀井隆斗,石原尚,浅田稔.磁性エラストマを用いた柔軟な3軸力覚センサ,日本ロボット学会学術講演会.1F1-01.Sep. 12, 2017.
    48. 川節拓実,堀井隆斗,石原尚,浅田稔. 磁性エラストマと平面コイルを用いたインダクタンス測定に基づく柔軟触覚センサの開発. 第26回MAGDAコンファレンス, A5-02. 金沢. Oct. 27, 2017.
    49. Hisashi Ishihara. Development and Analysis of Soft Body Surfaces for a Child Android Robot Affetto. The 1st International Symposium on Systems Intelligence Division. A&H hall(Osaka), Jan. 21, 2018.
    50. 川節拓実,堀井隆斗,石原尚,浅田稔.磁性エラストマとスパイラルコイルを用いた柔軟触覚センサのアレイ化.ロボット・メカトロニクス講演会. p. 1A1-K15. 北九州. 2018.6.4.
    51. 福田康平,川節拓実,石原尚,堀井隆斗,中村亮一,川平洋,浅田稔.腹腔鏡手術手技評価のための縫合結紮トレーニングパッドの三軸力覚センサ化.ロボット・メカトロニクス講演会.1P2-C05.2018年6月4日.
    52. 三橋結衣, 池田州平, 原田勢那, 鈴木修平, 岡田健太郎 北野裕太郎, 赤松史光, 石原尚, 津島将司.大阪大学フォーミュラレーシングクラブ 小型レーシングカー開発とラップタイムシミュレーションの導入.一般社団法人 日本機械学会設計工学・システム部門講演会講演論文集2018.28(0), 2608, 2018.
    53. 福岡慶太,石原尚.子供型アンドロイドの接触反応表現のための柔軟な表情生成器と割り込み表情制御器の開発.HAIシンポジウム ポスターセッション.神奈川県川崎市,P-31.2019年3月8日.学生奨励賞受賞
    54. 梅田尚輝,石原尚,池田尊司,浅田稔.ロボットの触感はいかに性格印象を変えるか~複数台ロボットの比較検討~.HAIシンポジウム ポスターセッション.神奈川県川崎市,G-14.2019年3月8日.
    55. 高橋英之,伴碧,近江奈帆子,上田隆太,香川早苗,石原尚,中村泰,吉川雄一郎,石黒浩.多神教的世界観にもとづく”空気感エージェント”の創成 -ずっと一緒にいられる存在とは何か-.HAIシンポジウム,神奈川県川崎市,G-4.2019年3月8日.
    56. 水野海渡,川節拓実,石原尚,堀井隆斗,浅田稔.子供アンドロイドの接触反応実験に向けた骨格と触覚を備える小型手部の開発.ロボティクス・メカトロニクス 講演会,広島県広島市,2019.
    57. 久米 弘祐,川節拓実,石原尚,堀井隆斗,浅田稔.三角格子状に配置したコイルと磁性マーカを用いた柔軟触覚センサの基礎特性評価.ロボティクス・メカトロニクス 講演会,広島県広島市,2019.
    58. 石原尚.活き活きとした豊かな表情をアンドロイドで実現するには.日本心理学会第83回大会.公募シンポジウム「表情のはじまり―表情の社会的機能とユニバーサリティ―」.2019.9.13.
    59. 三須龍,石原尚,土井祐介,永島壮,中谷彰宏.アンドロイド開発のための人顔面右側部の様々な動作に対するひずみ分布推定.日本機械学会関西学生会. 京都府京田辺市(オンライン).2020.3.10.
    60. 石原尚.豊かな対接触反応を返せる子供アンドロイドの実現に向けて.日本赤ちゃん学会第20回学術集会.オンライン.2020.9.19.
    61. 石原尚.感触を損なわずに弾性柔軟素材を触覚センサにする技術.実装フェスタ関西.オンライン.2021.1.27.
    62. 三須龍,石原尚,土井祐介,永島壮,中谷彰宏.主ひずみ分布推定を用いたアンドロイドと人の表情解析電気学会知覚情報研究会. オンライン.2021.3.7.

ピックアップ記事

関連記事